mail

2019年11月24日

セントラルラリー2019・WRC日本開催に向けて始動!!

 

0I0A6598_R

先日11月7日~10日の日程で、FIA 世界ラリー選⼿権(WRC)⽇本のテストイベントとして

セントラルラリーが愛知県の愛・地球博記念公園をメイン会場に開催されました。

WRCの日本開催は13年ぶりになるということで、待ちに待ったファンも多いことでしょう!

前回開催のWRCは北海道ということで、なかなか足を運ぶことは難しい方も多かったでしょうが、

2020年のWRC日本開催は愛知県になる模様ですので、これは見逃せないイベントになりそうです!!

今回はそのテストイベントである、セントラルラリーを見に行ってきました!

 

0I0A6634_R

日本のWRCは、世界のレースの中でも最も間近で観戦できるコース設定になっているそうで、

観客も多かったですが、ヤリスWRCをこんな間近で見られるなんて思いもしませんでした!

もちろん音も速さも凄い迫力!!

0I0A6683_R

愛知県は言わずと知れたトヨタのお膝元ですね。

世界で戦うヤリスを見ようと、GAZOO RACINGのピットは人だかり。

ちょうどSSの合間に車がピットインし、整備の様子も見れました。

0I0A6696_R

今やレースカーも整備はパソコンの時代。

エンジニアにとっても重要な要素のようです。

0I0A6700_R

普段私たちが見るヴィッツ(ヤリス)とは全くの別物。(そりゃそうですが。)

巨大なブレーキローターと、別タンク式のサスペンション。

0I0A6710_R

全日本選手権チャンピオンの新井敏弘選手のマシンです。

もちろんテクニックは彼らと違うので同じようには走れませんが、

これを見てWRX STIもいいなぁ、と思ってしまいました。

また、実際に車検が通る車がこうして走っている事には驚きです。

SSとSSの間は公道を移動しますので、ナンバーが付いています。

0I0A6671_R

TEAM ARAI のピット。

メカニックなら憧れる現場でしょう!

ピットに立つ人間も、選ばれた人間のみが立つことができるのです。

速く正確な動きはプロフェッショナルさを感じました!

0I0A6742_R

ラリーカーには規格のロールケージが義務付けられています。

すんごいバケットシートと相まって、乗り降りには困難必死!!

0I0A6738_R

街で見かけるカワイイシトロエンC3もレースカーになると大迫力に豹変!!

35101510_201707

0I0A6775_R

レースにはクラシックカー部門もあり、往年の名車が多数参加していました。

40年も前の車がレースをする姿は涙モノですよ!

速さよりも、これまでの期間その車を保有し、また全開走行させるための整備をすること自体に敬服します!!

0I0A6761_R

イベントでは、ラリー界のレジェンド、トミーマキネンさんと、嘗てのスバルのエースドライバー、ペターソルベルグさんのトークイベントがありました。

彼らの話を聞いていると、ラリージャパンへの期待感が膨らみます!

0I0A6800_R

WRC日本は来年11月開催です!

世界最高峰補の走りを見られるチャンス!

これは見逃せないですね!!!!

PAGE TOPへ